タウンホールホテルアンドアパートメンツ(ロンドン)宿泊記【DesignHotelsはマリオット系】

旅行 趣味

こんばんは、@kojisaitojpです。数日前に書いたカタール航空「QSuite」でパリまで来て、パリからはBA(ブリティッシュエアウェイズ)の飛行機修行を兼ねてロンドンへと飛んだわけですが、ヒースロー空港に到着していきなり新発見でした。

これは今後イギリスへ旅行する方の役にも立つ情報だと思うのですが、昔は日本からヒースロー空港に到着するとヨーロッパNO.1の悪名高き入国審査がありました。

「どこへ行くんだ」「何日滞在するんだ」「働きに来たんじゃないだろうな?」と次から次へと質問責めにあい、到着するなり不愉快になった人もいたことでしょう。

ですが久々にヒースロー空港に降り立つと日本人は自動ゲートが使用でき、あの忌々しい入国審査が省略になってました。

どうやらこれはコロナ対策ではなく2019年から特定の国籍の人間に適用されているようです。ちなみにイギリスは事前にオンラインでワクチン接種証明書(またはPCR検査の陰性証明)を送ることが義務付けられており、ネットで申請しておけばノーチェックで入国できます(日本国籍の場合)。

そんな感じでストレスなくイギリスに入国した際に宿泊したホテル「Townhall Hotel&Apartments」の紹介が本日のメインテーマです。

他には到着早々からパーキングメーターで充電中のEVも発見したので、ロンドンのEV事情も併せて紹介します。

マリオット系ブランド「DesignHotels」の一員の「Townhall Hotel&Apartments(ロンドン)」

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」
「DesignHotels」というブランドは日本では聞きなれないでしょうが、実はマリオット系の1ブランドです。

デザインホテルの加盟ホテルには、独立したホテル経営者達「Originals」のビジョンが反映されています。「Originals」は、知性を刺激するデザイン、地元ならではの知識、文化的プログラムを組み合わせることによって「Original Experiences」を生み出しているのです。
マリオット公式ホームページより抜粋

アジアだと香港・マレーシア・韓国・シンガポールなどにあり、私も過去に「Glad Hotel」というソウルのホテルに泊まったことがありますが、このホテルはいつの間にか(多分コロナ禍以降)マリオットから脱退したようで現在はマリオットのホームページからは消えています。

Gladhotelソウルヨイド

韓国・ソウルの国会議事堂の目の前という非常にアクセスの良い場所にあるので過去に2回ほど泊まったことがあるのですが、いつの間にかマリオットから脱退(ホテルは存続してます)したようで残念です。

さて「DesignHotels」は、その地域の個性やデザイナーの個性を生かしたファッション性の高いホテルが基本コンセプトであり、「Townhall Hotel&Apartments(ロンドン)」も1906年に建てられて、エドワード7世の時代には市庁舎として使われていた建物をホテルに改装した、古き時代のロンドンを感じられる内装です。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

例えばエントランスを入ってすぐ目に入る時計などを見ると「確かに市庁舎っぽいな」という雰囲気を感じさせます。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

他にもロビーにあるテレビは当時のもの(ただし液晶が入っていて現代のテレビになっています)を使用したり、味のある演出をしています。

タウンホールホテルアンドアパートメンツ(ロンドン)

エレベーターも当時の古いものを使用しているようで「ヨーロッパに来たな」という気分にさせてくれます。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

そしてクラシックな雰囲気の廊下を歩いて部屋に入ります。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」の客室は?

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」の客室

今回はマリオットのプラチナ特典の一つである「スイートナイトアワード」が未消化(日本のホテルだと申請してもほとんど却下されます)だったので試しに申請したところ「エグゼクティブスイート」にアップグレードされました。

「エグゼクティブスイート」と言ってもホテルが狭いことでも有名なロンドンですので面積は40m2ほどしかなく、またヨーロッパのホテルにありがちなスイートでもバスタブなし(シャワーのみ)の部屋でしたが。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

当然ですが2人以上で宿泊した際にはシャワー使用中はカーテンで隠せますのでご安心ください。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

このようにベッドルームとバスルームが一部屋になっており、ベッドの横には仕事ができるデスクもあり、WiFiも通常使用するには問題のない速度で快適に使えます(宿泊者は無料)。

そして隣の部屋がリビングです。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

このホテルの特徴はリビングにキッチンがあることです。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」
「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

外食代が高くつくロンドンですから、スーパーなどで食材を買ってきてここで料理するのもありかもしれません。「Townhall Hotei&Apartments」という名前からも連想できるように「Apartments」、つまり長期滞在の旅行者も視野に入れた設計になっています。

また写真に撮るをのを忘れてしまいましたがスイートルームには部屋に洗濯機もあります。

「Townhall Hotei&Apartments(ロンドン)」

あとはある程度のグレードのホテルでは今や当たり前となったエスプレッソマシーンもあります。

ホテル周辺にもEV充電器だらけ

ヒースローで充電中のモデル3
そしてホテルに到着した際の最初の印象が「ホテル前にいきなりEVの充電器がある」でした。

パリやロンドンのような大都市では日本でいうパーキングメーターにEVの充電器が付属していることが多いのですが、今回宿泊した「タウンホールホテルアンドアパートメンツ」の前の道路もパーキングメーターになっており、多くのEVが充電していました。

ロンドンで充電中のKiaNiroEV

韓国起亜の「NiroEV」です。翌日空港までUberを呼んだ際に実際に乗ったので後日また記事にします。

ロンドンで充電中のi-pace

こちらは汚れていますがイギリスが本国のジャガー「i-Pace」です。

ロンドンで充電中のテスラ

そしてイギリスでも大人気のテスラ「モデル3」も充電中でした。

CCS2搭載のモデル3

日本だとテスラ車だけは充電プラグの形状が違うので街中にあるEV充電器を使うには急速充電だとCHAdeMOアダプター、普通充電器だとJ1772アダプターが必要なのですがヨーロッパではテスラ車も「CCS2」という他のメーカーと共通の充電プラグを採用しているので問題なく充電可能です。

今日のメインテーマではないので深くは論じませんが「充電プラグからガラパゴスなんだよなぁ」というのも日本の困った問題の一つです。

ですが「ヨーロッパで可能な限りEVを見てくる」という私の目標は初日から達成されています。

ドイツとフランスのテスラストアについては昨日記事にしてますのでこちらをご参照いただければと思います。

やはりイギリスのフィッシュアンドチップスは絶品

ロンドンのフィッシュアンドチップス

ホテルの朝食を紹介、と行きたかったところなのですがあいにく「成田→ドーハ→パリ→ロンドン」と24時間以上かけて移動してきたのもあり寝坊してしまいました(笑)。

代わりにというわけでもないですが「1日しかイギリスにいないんだからこれを食わなくては」とホテル周辺を探して見つけたのがこのフィッシュ&チップスです。

サイズが日本で出てくるものと違ってそこから驚きましたが(笑)。ちなみにこのお店Googleのレビューでも高評価のようで、味も上々でしたので紹介しておきます。

Greedyfishandchipsinlondon

店名:Greedy fish and chips
住所:150 Roman Rd, Globe Town, London

ホテル自体がロンドンのイーストエンドというあまり馴染みのないエリアですが、2012年に開催されたロンドンオリンピックの会場となったエリアで近年開発が進んでいます。

もし行く機会があったらこちらのフィッシュ&チップスを試してみることをおすすめします。美味いです。

「Townhall Hotel&Apartments(ロンドン)」へのアクセス

タウンホールホテルアンドアパートメンツ(ロンドン)

住所:8 Patriot Square, London UnitedKingdom

最寄り駅はセントラルラインの「Bethnal Green」駅から徒歩3分くらいの駅チカです。鉄道の大きな駅である「リバプールストリート駅」から1駅、中心のピカデリーサーカス駅からだとピカデリーラインでHolborn駅まで行ってセントラルラインに乗り換えになります。15分程度の移動時間です。

タクシーだとヒースロー空港からだと40-50ポンド(交通状況により1時間前後)、後日紹介するロンドンシティ空港からだと15ポンド前後(20分前後)です。

タウンホールホテル&アパートメンツ(ロンドン)のまとめ

タウンホールホテルアンドアパートメンツ(ロンドン)

ピカデリーサーカスなどのロンドンの中心部からは若干離れていますが、ホテル代が非常に高いロンドンの中ではホテルのグレードの割にリーズナブルな価格で、ある程度ロンドンを知っている人であれば問題なく利用できるホテルかと思います。

タウンホールホテルアンドアパートメンツ(ロンドン)

市庁舎を改装しクラシックな感じを残しながら現代風にアレンジしたホテルで、「ヨーロッパに来た」というのを実感できるホテルではないかと思います。

また部屋によってはキッチンがありますので、外食すると高いロンドンではスーパーで食材を買ってきて部屋で

夜遅くの到着でホテルのレストランなどは体験できませんでしたが、ロンドンでおすすめできるホテルの一つだという印象です。

ただし「DesignHotels」の系列がマリオットユーザーにちょっと残念なのはいわゆる「プラチナ特典」のようなものがほぼ存在せず(ポイントは通常のマリオットのルールで加算)、ウェルカムアメニティが1000ポイントのポイントのみ、レイトチェックアウトのルールは適用なし(このホテルの場合は11時チェックアウトを12時まではOKにしてくれました)という点がありますが、それでも満足できるホテルだと思います。

人気記事日本国内のシーシャカフェ総まとめと自宅でシーシャをやる方法【随時追加】

人気記事電気自動車(EV)を日本で普及させるために誤解を解消する【過去記事総まとめ】