タグ:workationが付いている記事一覧


会社に縛られない人生 旅行 雇用

暖かくなり、ワクチンの投与などが始まるであろう2021年のトレンドは「ワーケーション」になると私は予想しています。コロナウイルスが収束し、世界各国の入国規制が解除されるようになると世界のリゾート地に滞在しながらワーケーションというのも普通になると予想しています。そんなワーケーションを3つのパターンに分けて解説します。

旅行

2020年に日本初上陸のマリオット系の新ブランド「アロフト銀座」の宿泊記になります。「Wホテル」の姉妹ブランドで、デザイン性重視のスタイリッシュな内装は銀座においても健在で、内装を見にくるだけでも価値のあるホテルです。銀座という場所柄、コスパ的には微妙ですが、従来のホテルとは違った近未来のホテルを体験できます。

旅行

「モクシー東京錦糸町」の紹介です。コロナ後に再度行ってきたので、以前との変更点なども含めて紹介したいと思います。マリオット系の最も格安ブランドで、部屋はシャワーのみ・冷蔵庫なしなどの欠点はありますが、価格がリーズナブルな上に、バーカウンターやフリースペースが充実しており、スタッフもフレンドリーで居心地の良いホテルです。

お金 ビジネス 旅行

「グランドニッコー淡路(元ウエスティン淡路)」の紹介です。現在はマリオットから脱退してしまいニッコーホテルズに加盟しましたが、ウエスティン時代から三宮からのアクセスも簡単でコスパが案外良いホテルとして重宝していました。現在もウエスティン時代とほとんど変わらない、ワーケーションにも活用できるリゾートですので紹介します。

旅行

「Go to トラベル」が遅れて適用になった東京都民に追加のキャンペーンとして「もっとTokyo」が発表され、二つを併用すると都内のホテルに格安で泊まるチャンスが来ました。しかし肝心の「Go to トラベル」の割引額が減る旅行会社なども出てきており、我々がキャンペーンの使い方を見直す必要があることもまた事実です。

旅行

「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」の紹介です。六甲アイランドという三宮から離れた立地にあるホテルですが、その分宿泊価格がリーズナブルで、外資系ホテルで珍しい温泉があったり、数年前に改装されてグレードアップしたクラブラウンジもあり、落ち着いて滞在できる環境が整っています。今ならGotoを活用して更にお得に泊まれます。

旅行

大阪の老舗ホテル「シェラトン都ホテル大阪」の紹介です。少々古くなったホテルですが、それゆえの良好なコストパフォーマンス、老舗にふさわしいスタッフの質、空港からのアクセスの良さなどハード面の弱点を十分に補えるオススメのホテルです。「Go to」で格安に泊まれる上に、関西圏在住限定のキャンペーンもありお得なホテルです。

旅行

本日は「コートヤードバイマリオット東京ステーション」の紹介です。東京駅から徒歩圏内の便利な場所に2014年にオープンしたホテルで、日本のビジネスホテルとは違うニューヨークの「アパルトマン」をコンセプトにしたおしゃれなホテルです。ラウンジの代わりにカフェでのフードサービスが充実しており、エリート会員特典も充実しています。

旅行

恵比寿ガーデンプレイスにある「ウエスティンホテル東京」の宿泊記です。ヨーロッパ調のクラシックで重厚感のあるホテルゆえにとても高そうなホテルのイメージを持たれがちですが、近年都心でオープンが続いている高級ホテルと比較すると意外にもリーズナブルな価格で泊まれます。「Go to」を活用することで更にお得に泊まるチャンスです。

お金 ビジネス 旅行

本日は「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」の紹介です。横浜駅西口を出て目の前という抜群の好立地で20年営業する有名ブランドで、近年リニューアルしたことにより立派なクラブラウンジとクラブルームが誕生しました。横浜の夜景が一望できるクラブラウンジで旅行代わりの週末を過ごすのにも、ワーケーションにも最適のホテルです。