「できない理由」を探すより「どうすればできるのか?」を考えるべき?【典型例が地熱発電】

お金 ビジネス 趣味

こんばんは、@kojisaitojpです。アメリカで既に予約が10万台を突破しているフォードのピックアップEVの「F-150Lightning」ですが、面白い活用法が提唱されています。

ここのところブログでもTwitterでも私のテーマは「なぜできない理由を並べる人が大量に生まれるのか?」なのですが、この再生可能エネルギーという分野でもちょっと論じただけであらゆる方向から再エネに対する批判が押し寄せてきます。

「できない理由」の多さではEVと再エネが「伏魔殿」のような領域だなと個人的には思ってますが(笑)。

まぁ原発を何がなんでも死守したい電力業界、ハイブリッド車・内燃機関車(エンジン)を何がなんでも維持したい日本最大の自動車メーカーがいる領域ですから当然と言えば当然ですが。

昨日の記事では「EV」をターゲットに「できない理由」を並べる人々を問題にしましたが、今日はできない理由を並べる人がEVと並んで多く見られる「再生可能エネルギー」について語りつつ、実は日本に最適の再生可能エネルギーがあることも紹介します。

EVと再エネを「V2H」「V2G」で結びつけることがテキサスを救う?

テキサスの寒波
日本でも今年の冬以降の電力の供給不足が警戒されていますが、アメリカではそれどころではないくらいピンチを迎えているようです。

先日私のブログでも取り上げましたが、テキサス州は今年2月に大寒波に襲われ、多くの発電所が寒さに耐えきれず大停電を起こしてしまいました。

気候変動の影響の一つに「寒さと暑さが極端に訪れるようになる」というのがありますが、今年の夏は熱波が警戒されているようです。

2月の時は寒さが原因で発電所の設備が凍結して使えなくなったのが停電の原因でしたが、今後は暑さに耐えられなくて石炭や天然ガスのプラントが止まってしまうのではと言われています。

またテキサスで大停電というリスクが迫っている中で一つの解決策として「EVとV2H・V2G」が提唱されていたのが冒頭の記事の内容です。

太陽光などの再生可能エネルギーを蓄電池やEVに蓄えて、災害時や電力供給が危なくなった時には反対にEVから家庭やグリッドに電力供給することで停電を回避するという秘策が推奨されています。

似たようなことは先日南アフリカ共和国を例に話しましたが、実は先進国でも同じようなリスクを抱えています。

ガレージ内のパワーウォール

以前の記事では「停電になっても太陽光発電とパワーウォールを設置した家は無関係」で救われたという点にスポットを当てた記事でしたが、テスラ車の場合には現時点ではV2HやV2Gが装備されておらず(実はオンラインアップデートでできるようになるという説もありますが)、あくまでも太陽光とパワーウォールを設置した家だけが無傷だったという内容にとどめておきました。

しかし冒頭にも引用したフォードの「F-150Lightning」は外部への電力供給が可能で、当然「V2H」や「V2G」も可能です。

こうなるとEVの車としての側面だけではなく「蓄電池としてのEV」という面にもスポットが当たってきます。

フォード「F-150 Lightening」の充電

特にフォード「F-150Lightning」では100kWh級の巨大バッテリーが搭載されていますので、「これ一台でテスラのパワーウォール(13kWh)何台分の電力を蓄電できるの?」という話になります。

「できない理由」を並べる方々なら「まだ発売してもいない車の話されても現実味がない」と言われるかもしれませんが、別に「F-150Lightning」を用意しなくても初代初期型の日産リーフを用意してもバッテリー容量が24kWhと、テスラのパワーウォール約2台分の電力を蓄電できます。

一般に四人家族の一日辺りの電力消費量が10kWh前後と言われていますのでリーフのバッテリー容量でも数日分の電力が蓄電されています。

V2hのイメージ

これを「V2H」として家の電源に繋げば自宅の電力が賄えますし、「V2G」としてグリッドに接続して給電してやれば電力供給が逼迫している時間帯の電力不足を解消できます。先日の記事でも述べたように「自家用車はその9割の時間を自宅の駐車場で過ごす」と言われているわけですので、仕事などで朝から夜まで走り回っている車などは考慮に入れなくても電力供給の調整に協力できるEVは無限にあります。

「できない理由」を並べて全否定するのではなく「どうすればできるようになるのか?」考える必要があります。

「実際そういうパターンに当てはまる人って人口の何%なの?」という少数の例外を持ち出して、その例外に当たる人が困るからEVはダメだ、再エネはダメだと「重箱の隅」を突くように全否定してくるのが「できない理由」を並べる人の共通した行動パターンです。

と先に「うちは朝から晩まで仕事で走ってるから無理なんだよ!」という「できない理由」を想定して先回り的に語ってしまいましたけど。

日本にも迫る電力の「供給不足」と「できない理由」を並べる人々

地熱発電所
日本でも年明けに電力供給がギリギリという状況に陥りましたが、次の冬も既にこの状況です。

今の時点で今年の冬に電力の「供給不足」が懸念されていますが、ネット上では「電力が足りないのにEVなんてけしからん」とか「今すぐ原発を再稼働しろ」的な目先しか見ていないような短絡的な議論ばかりで呆れてしまいます。

原発は一度稼働すると止められない(正確には止めるのにまた長い年月が必要)上に東日本大震災を見ての通りで地震が多発する日本には全く向いていない発電方法です。

にも関わらずちょっとした工夫で可能になる再生可能エネルギーをボロクソに罵るような言葉を浴びせて原発は推進では意味不明、まさに「支離滅裂な思考・発言」になってしまいます。

EVの話同様に再生可能エネルギーの話をしても「できない理由」を並べて「日本は再エネが世界で最も向いてない国だ」的なことを言う人も非常に多いです。

  • 太陽光発電→梅雨があったり日照時間が不安定
  • 風力発電→台風が来るから耐えられない
  • 洋上風力発電→日本だと浅瀬がほとんどない
  • 地熱発電→温泉や国立公園に迷惑がかかるからダメ

EVの時と同じように次から次へと「できない理由」を並べる人が現れて、ボロクソに批判してきます。

まぁこのような「できない理由攻撃」も「それいつの時代の話?」というピントのズレたものが多くて、例えば現在であれば風力発電も台風の影響を受けない仕様のものも開発されてますし、洋上風力発電であれば浅瀬以外にも設置可能なものがあります。

温泉で地熱発電

地熱発電も後で詳細に解説しますが、これまで「温泉が枯れた」ような例は少なくとも日本では一件もありません。それどころか温泉を地熱発電に活用する例すらあります。

ですがそういう風に再生可能エネルギーに対して敵意をむき出しにする人が絶賛するのが「原発」だったりするのが呆れるところです。

私から見れば「原発こそ地震が多く、大地震の際には津波も押し寄せる日本に最も不向きな発電では?」と思うのですが、反論すると大体何のコメントも返ってきません。

「できない理由」を並べ立てておいて後は知らないでは「批判だけなら誰でもできるよ」と一言言って終わりです。

「できない理由」が殺到する地熱発電が実は日本に最も向いている

地熱発電のイメージ
「できない理由」を並べられて批判の対象にさせることが多い再生可能エネルギーの中でも特に「地熱発電」は抜群に日本向きだと言える理由があります。

  • 火山大国で温泉も豊富に出るので地熱資源が世界3位
  • 世界の地熱発電の7割以上が日本企業の設備を使用という世界シェア

あまり知られていませんが、実は「地熱発電用タービン」の世界シェアは日本企業が7割を占めています。

以前アフリカのケニアが「自国の発電量の半分以上を地熱で賄っている再エネ大国」であることについて解説しましたが、ケニアで地熱発電を行っている会社は東芝や豊田通商などの日本企業です。

日本だと「温泉が枯れる」と反対運動(実際枯れた例はないので風評被害)が起きたり、地熱資源の多くが国立公園の地下にあるため「認可を得るまで10年」という気の遠くなる手間がかかるなどの理由で簡単にはできない地熱発電の技術をケニアをはじめとする海外で存分に発揮している状況です。

せっかく日本メーカーが今でも世界でトップクラスの技術を持つ領域なのに肝心の日本で活用できないのでは非常にもったいないです。

ようやく日本国内でも規制を緩和して地熱発電をやりやすい方向に進む意向を示していますが、政府内には根強い原発推進派も多数いるので今後どうなるかは不明確です。

原発より安全でベース電源になる「地熱発電」が「できない理由」を駆逐する

福島第一原発
結局高度経済成長期にベース電源として地熱発電よりも原子力発電を選んでしまったツケに今苦しんでいるというのが日本の再生可能エネルギーを巡る状況です。

「地熱発電」は24時間365日、常に安定した電力を発電できる「ベース電源」としては最適です。太陽光だと日照時間と天候、風力だと文字通り風量が安定しないのは事実であり、ベース電源としては使いにくいですが、地熱であれば使えます。

地熱発電用のタービンの世界シェアの7割を日本のメーカーが占めているにも関わらず、自国で活用できないから海外に活路を見出すという非常に残念な状態が続いています。

同じように安定した電力供給が可能であるにも関わらず事故のリスクがほぼゼロの地熱発電と地震や津波などの災害で常に事故のリスクを抱える原発のどちらに将来性があるのかはもはや論じるまでもないことだと思うのは私だけでしょうか?

「いや、地熱だと稼働するまで時間がかかるから原発で」などと「できない理由」を持ち出してためらっていると永久に原発を捨てられない日本になってしまいます。

できない理由を並べてしまって、せっかく世界トップクラスの埋蔵量を誇る「地熱」を有効活用できないのでは「脱炭素」など夢のまた夢です。

できない理由を排除してプラグイン

「ガソリンエンジンを捨てられない日本」「原発を捨てられない日本」が世界から見て魅力のある国に映るでしょうか? 私にはそうは思えません。

徐々に国自体が貧乏になり「インバウンドくらいしか収入源がなくなるのでは?」と危惧される日本ですが、世界からの観光客に「まだガソリン車走ってるの? 排気ガス臭いんだけど」とか「まだいつ事故起こすかわからない原発使ってるの? 怖くて行く気なくす」などと思われれば新型コロナウイルスが終息した後も観光客が戻ってこないという悲惨な状況が待っているかもしれません。

「できない理由」を並べて現状維持のまま衰退していくのではなく、「どうすればできるようになるか?」考えることが未来を切り開くのではないでしょうか?

人気記事日本国内のシーシャカフェ総まとめと自宅でシーシャをやる方法【随時追加】

人気記事電気自動車(EV)を日本で普及させるために誤解を解消する【過去記事総まとめ】