テスラ・モデル3の値下げが日本メーカーを駆逐する?【電気自動車のゲームチェンジ】

お金 ビジネス 趣味

こんにちは、@kojisaitojpです。昨日は日本市場でテスラがモデル3の価格を下げてきたことを話題にしましたが、どうやら世界中で仕掛けてきているようです。

アメリカ市場では既にモデルYも納車されている状況ですが、価格を下げてきています。

日本市場に投入されると思われるのはモデル3同様に「上海ギガファクトリー」で生産されたものになると予想されていますが、既に中国同様の左ハンドル国である韓国では価格が出ています。

となると日本市場に「モデルY」が470万前後から、昨日も話題にした補助金がフルに適用(国80万+東京都60万)されると300万前後で日本市場に投入される可能性があります。

アメリカ国内のみならず上海やベルリンにギガファクトリーが誕生し、まもなくインド国内にも誕生と噂されているようにテスラの生産能力がどんどん上がってくることで、ついに価格を下げてでも販売できるような力をつけてきたと言えます。

昨日の記事では「テスラが安くなったよ」という点だけ触れて、他はGMなど他のアメリカの自動車メーカーのEV化について触れましたが、実は過去の記事を見直すと「テスラ・モデル3」についてきちんと書いた記事がないことに気づきました。

今や最も世界で売り上げ台数の多い電気自動車で日々「モデル3」という単語を出していたので書いたつもりで勘違いしていました。

ですので今日は「テスラ・モデル3」と4月から適用される「補助金の増額」について解説します。

日本メーカーを蹴散らす「テスラ・モデル3」の値下げと注意点

テスラモデル3
まずは車のスペックから紹介しますが、今回のバージョンは3つに分かれており、

  • スタンダードレンジプラス(RWD)→429万円
  • ロングレンジ(AWD)→499万円
  • パフォーマンス(AWD)→717万3000円

今回値下げの対象になったのは「スタンダードレンジプラス」と「ロングレンジ」のみですので、この二つの違いを説明します。

「スタンダードレンジプラス」はシングルモーターで、「搭載バッテリー容量60kWh、航続距離423キロ(EPA)、最大充電出力170kW」で、0-100キロの加速は5.6秒と他社の電気自動車と比べると航続距離も急速充電の速度も次元が違います。

テスラの場合は自社のスーパーチャージャーがあるので他社のように「チャデモ規格に合わせた50kWh」にはならないのもメリットです。

テスラ・モデルY(MIC)

「ロングレンジ」はデュアルモーターで、「搭載バッテリー容量82kWh、航続距離568キロ(EPA)、最大充電出力250kW」で、0-100キロの加速は4.4秒、10%-80%の充電がたったの30分でできてしまいます。

568キロという航続距離は驚異で、東京から北方面に向かうと岩手県盛岡市まで、西方面に向かうと大阪府大阪市まで行けてしまうという驚異のスペックです。

遠出をするのは年に数回という方が大半でしょうが、そもそも568キロ走れるスペックだと充電に行くのも距離を乗る人でも週1回、たまにしか乗らない人であれば月に1〜2回充電すれば十分でしょうから、自宅で充電できない人でもいよいよガソリンスタンドに給油に行く生活より快適になります。

テスラギガファクトリー上海

ただし気をつけなければならないのはモデル3の3車種の中で「スタンダードレンジプラス」についてだけは注意が必要です。

スタンダードレンジプラスに搭載されているLFPバッテリー(中国・CATL社製)は新しいバッテリーで、レアメタルである「コバルト」を使用しないバッテリーで(だから安い)、発火しにくい、劣化しにくいので寿命が長いというメリットがある一方で、冬場の航続距離が異様に少なくなる(300キロという説も)とか充電速度が遅いという問題も多くのユーザーから指摘されています。

航続距離に関してはコンピューターのバグという説もあるのでテスラがソフトウェアのアップデートをすれば解決する可能性もありますが、現時点では不明確な点もあるので、最も安価なモデルではありますが、積極的に購入をおすすめできるモデルではありません。

となると今回値下げしたモデル3の中では「ロングレンジAWD」一択のおすすめになります。

航続距離がEPAでも550キロ以上、モデルSより小さめで取り回しもしやすい、急速充電も最大250kWhで現在日本国内にあるテスラのスーパーチャージャーの最も速いもの(埼玉県川口市にあります)にも対応するので現時点で発売されている電気自動車でも最強のモデルになります。

本国アメリカでは「スーパーチャージャーの充実がテスラが売れる秘密」という記事も見かけましたが、日本国内ではまだ少ない(私の地元の北海道に至ってはゼロ)ので最大出力が50kWhに制限される「チャデモ」で充電せざるを得ないケースが出てくるのはちょっと残念なところです。

テスラウォールコネクター

やはり理想としては自宅にウォールコネクターを設置して充電できる環境にすることでしょうか。自宅で充電ができれば充電インフラについての問題は遠出をする時以外は問題になりませんので。

ちなみに以前「太陽光」「パワーウォール」も一緒に設置すれば電気も自給自足できて、これまでとは違う新しいライフスタイルが待っていることについては紹介しましたので、ご興味があればご参照いただければと思います。

値下げしても429〜499万だとまだ高いと思う方もいるでしょうが、心配は無用です。補助金があります。

環境省からの補助金(テスラもOK)

再生可能エネルギー
ネット上では「テスラは補助金の対象にならない」というようなデマが流れていますが、環境省からの補助金に関しては対象になりますのでご安心ください。

正式名称を「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」と言いますが、現在は補助金が昨年度の40万円のままで倍増の80万円になるのは4月以降ですので、注意して欲しいところです。

また補助金を80万に増額する条件も「再生可能エネルギー100%の電力に切り替えること」のみですので、自宅に充電設備を設置できない人でも対象になります

再生可能エネルギー100%の電力と言われると、先月の電力供給不足の際に「電気代が上がる」と騒ぎになったような電力会社をイメージするかもしれませんが、実は関東在住なら東京電力にも「再エネ!00%」の契約プランはありますので誰でも簡単に切り替えられますしリスクもありません。

以下のサイトに「再生可能エネルギー100%」の電力会社が紹介されてますのでご参照ください。

経済産業省からの補助金(テスラは不可)

V2hのイメージ
テスラ車が不可なのはこちらの「経済産業省からの補助金」です。

正式名称を「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」と言いますが、これはV2Hなどのように電気自動車を蓄電池代わりに使う(日産リーフや三菱i-MiEVでは可能)設備を設置した場合に別途もらえる補助金です。

テスラ車の場合はパワーウォールがあるからなのか蓄電池としては使えませんので、この補助金は対象にはなりません。

地方自治体ごとの補助金も要チェック

リモートワークのイメージ
また今の環境省と経済産業省からの補助金は「国」からの補助金ですが、地方自治体の中にはこれとは別の独自の補助金を用意している自治体も多いので、必ず自分が住んでいる自治体が電気自動車の補助金を導入しているか確認してみましょう。

東京都の場合はこれまでは30万円でしたが、次年度は60万円に増額されます。

ちなみに私が現在住んでいる東京都北区にはありませんが、23区内でも江東区や葛飾区などは区独自の補助金が更にあったりしますので、必ず自分が住む都道府県と市区町村両方のホームページをチェックしてみることをお勧めします。

現時点で私が調べた限りだと市区町村レベルですと東京都葛飾区が最強です。太陽光パネルや蓄電池にも補助金が適用されるようですので、最も補助金が充実している自治体かもしれません。

「国+東京都+葛飾区」で合計160万位の補助金になりますので、テスラ・モデル3の最も安いスタンダードレンジモデルなら269万とついにプリウスと同等の車両価格まで来てしまいます。

「電気自動車=高くて買えない」がテスラによって破壊されるゲームチェンジ

テスラを充電
今日は値下げを発表したテスラ・モデル3と国・地方自治体の補助金について説明してきましたが、この2つを組み合わせることで「ゲームチェンジ」が起きます。

国と東京都の補助金を合わせると合計140万ですが、これを適用させるとスタンダードレンジプラスが289万円、ロングレンジが359万円になります。

既存のガソリン車やハイブリッド車で見ても例えばトヨタのカムリの車両価格などより安くなってきました。プリウスの車両価格を抜くのもあと一歩です。

テスラ・モデルY(MIC)

「電気自動車なんて高くて買えねぇんだよ」的なことを言う人は多いですが、テスラの販売価格は徐々に従来のガソリン車・ハイブリッド車に近づいてきました。

「航続距離が短い車なんて乗れねぇんだよ」的なことを言う人もいますが、モデル3で既に400〜500キロ走れるようになったので、日常生活ではほとんど問題がないレベルに進化してきました。

いよいよ電気自動車による「ゲームチェンジ」が日本でも起きるタイミングかもしれません。価格面でも航続距離などの性能面でもテスラに劣る電気自動車しか発売できない日本メーカーはいよいよテスラに食い尽くされるかもしれません。

そういう危機感があるからなのか最近はヤフコメなどでとても醜悪に電気自動車やテスラを罵るような書き込みを見かけることが増えてきました。

しかし「電気自動車なんか絶対に普及しない」とか「ヨーロッパや中国も今に諦めて日本のハイブリッドを買うようになる」とか世界の流れを見ようともせずに、感情論でわめき散らす人が増えていて、必死なのはわかりますが努力の方向を間違えているように思えます。

人気記事日本国内のシーシャカフェ総まとめと自宅でシーシャをやる方法【随時追加】

人気記事電気自動車(EV)を日本で普及させるために誤解を解消する【過去記事総まとめ】