会社辞めても人生終わりません【アフターコロナの独立・副業】

会社に縛られない人生 起業

こんばんは、@kojisaitojpです。今日はアフターコロナの世界で間違いなく問題になるであろう「会社」と「雇用」が変わるという話をします。

まぁ会社の一つや二つ潰れても自分の命まで取られたりはしないよという話です。

アフターコロナの会社は安泰?

今日はTwitterで私の言いたいことをズバッと言っているツイートを見つけたので最初に引用してみます。

冷静に考えてみるとその通りですよね? 企業の平均寿命以上長期の住宅ローンを組むってとてもハイリスクだと思いませんか?

「会社勤め=一番安定した仕事」という思い込みは捨てるべきでしょう。

「アフターコロナ」という言葉もありますが、今後簡単に世界の経済が復活することはないでしょうから、大量に企業が倒産する可能性もあります。

(個人的な予想ではコロナウイルスは年単位で世界に様々な悪影響をもたらして簡単に収束するとは思っていません)

自分の働いている会社が絶対に潰れないという思い込みが、ある日突然会社が倒産して路頭に迷うことにつながります。

その時に備えてこっそりと始めた副業が自分を救うかもしれません。

今日は「会社を辞めても案外人生困らない」ことについて明らかにしていきたいと思います。

副業・独立は全然難しくない

新しいことを始めるというのは誰でも不安を感じます。

副業でやるにせよ、会社を辞めて独立(起業)するにせよ、やる前は失敗するリスクばかり気になってできないという人も多いかとおもいます。

でも「会社辞めたら人生終わる」なんて言えるでしょうか?

むしろ「ブラック企業で働く=人生終わる」と言えると思います。

ブラック企業で病むイメージ

ブラック企業で我慢して働く方がよほどストレスがたまります。ストレスがたまりすぎて精神を病んでしまったりすると会社を辞めた後まで後遺症に悩まされてしまいます。

それから比べれば自分がやりたいと思うこと、面白いと思うことを副業として始めてみれば違う世界が待っています。

ストレスの少ない自由な人生を始めるきっかけになるかもしれません。

完璧を求めない

スタートアップのイメージ
「でも自分みたいに何の取り柄もない人間が副業したり、独立して成功するのだろうか?」
「成功するためには準備が足りないから副業も独立もできない」

こう思って新しいことを始めることをためらってしまう人も多いかと思います。副業したり、独立するためにはもっと勉強しないと、勉強して資格を取って万全に準備してから始めよう。

私は車が好きで、これまで多くの外車を乗り継いできました。ルノー、シトロエン、ジャガー、フォルクスワーゲンと様々なヨーロッパのメーカーの車に乗ってきましたが、正直故障が多いです。

ヨーロッパの車は基本的にバグや不具合が出ることがわかっていても、安全性に問題がなければ出荷してしまうそうです。
実際にユーザーが走らせて出た不具合を修正しながら、徐々に故障の少ない車にブラッシュアップしていきます。
ですのでヨーロッパ車は初期ロットのモデルは買わない方が良い、買うなら後期型というのが隠れたコツです。

「不完全な状態で出荷してるなんてけしからん」と思ってしまうのは必要以上に真面目で几帳面すぎる日本人くらいです。

見切り発車でとりあえずスタートしてみる人の方が成功する確率は上がります。

専門家も意外にモノを知りません

銀行と交渉するイメージ
以前運転代行のバイト(といっても業務委託契約なのでれっきとした個人事業主です)をしていた際に、交通事故に遭うなどのトラブルにあって資金繰りが困ったことがあり、銀行に融資を申し込んだことがあります。

その時に銀行の担当者が「二種免許ないのに代行やるのは違法では?」とか「バイトなら個人事業主ではない」的なことを言われて困ったことがあります。

先に言ってしまいますがこれ、融資担当者の勘違いです。様々な業種の事業者から融資の相談を受けているはずの銀行の融資担当者がこんなことも知らないのかと呆れてしまったことがあります。

一応説明すると、運転代行は二種免許を持っている人と一種免許の人がペアを組んで行動します。お客様の車にお客様を乗せて運転するという行為自体は二種免許(要はタクシードライバーをやるのと一緒)を持っている人間しかできませんが、もう一台のお客様を迎えに行った会社の車は誰でも運転できます。

そして口では「バイト」と言っても(本業と思われたくなかった私の変なプライドですが)「業務委託契約」を結んでいる以上、立派な個人事業主です。雇用契約なら別ですが。

専門家と言われる人でもこの程度の知識で仕事していたりしますので、完璧に準備できてから副業や独立をしようと思う必要は全くありません。

まずは行動すること

起業するイメージ
コロナウイルスの影響で、新しいことにチャレンジすることをついためらってしまう気持ちはわかります。

「こんな状況で新しいことを始めても上手くいかない」と思ってしまいがちです。

でも自分が働いている会社が突然倒産してから慌てて何かを始めるよりは、固定給をもらえてまだ安定しているうちから準備した方が成功する確率は格段に上がります。

まず行動する、失敗したらその時に学習すればいいのです。

人気記事東京近郊のオススメシーシャカフェ14選

人気記事【2020年最新】冬の東京のおすすめデザートブッフェ5選【Go to eat】