お腹を抱える女性たち

高齢になると血圧は上がりやすくなる!血管疾患に注意

古くなったゴムホースが硬くなるように、人の血管も高齢になると硬くなっていきます。
これが動脈硬化と言われるものです。
硬くなったゴムホースから水を勢いよく出すためには、ゴムホースを強く押さなければなりません。
これと同様に、動脈硬化になっている血管が血液を体中に巡らせるためには血管を強く押す必要があります。

この血管にかかる圧力が血圧の数値に関わってきます。
強い圧力で血管を押していると言うのが、血圧が高い状態です。

血圧が高い状態が続くと、脳の血管が破れたり詰まったりしやすくなります。
脳の血管が破れた状態が脳出血で、脳の血管が詰まった状態が脳梗塞です。
脳出血と脳梗塞を合わせて脳卒中と呼ばれています。
また、心臓の冠状動脈という血管が詰まった場合は、心筋梗塞となります。

収縮期血圧(上の血圧)が10mmHg上がると、男性では20%、女性では約15%ずつ脳卒中に罹る率や脳卒中で死亡するリスクが高くなることが報告されています。
心筋梗塞などの冠状動脈疾患になるリスクや冠状動脈疾患が原因で死亡するリスクは、男性の場合は上の血圧が10mmHg上がると約15%高くなります。

血圧を上手くコントロールできれば、これらのリスクは少なくなります。
高いと言われた高齢者は、まずは食生活や日常生活を見直しましょう。

塩分を摂り過ぎないようにすることや、散歩などの適度な運動が大切です。

高齢者の血圧は変動が大きいという特徴や上下の差が大きくなりやすいという傾向があります。
そのため、若い人よりも少し高めにキープすることが多いです。

降圧薬が出ている時は、きちんと飲むことが大切です。
血圧が下がったのだからもう飲まなくてもいいだろうと、勝手に中止をするのは非常に危険です。
1年以上安定した数値でも勝手に中止しないようにしましょう。
様子を見ながら、徐々に薬を減らしていくことが大切です。

降圧薬として利尿薬が出ている場合は、夜中にトイレに行く際に、ふらつかないように気をつけましょう。
利尿薬はトイレの回数が増えるから嫌だと言って飲まない人も時々いますが、そのような時は医師に相談して、他の種類に変更してもらいましょう。
勝手な中止はやめましょう。

降圧薬は2~3種類処方されることが多いです。
高血圧患者さんの約3分の2の人は2種類以上の降圧薬を飲んでいます。
これは副作用を分散させるためです。
高齢者がたくさんの薬を飲むのは大変なこともあるでしょう。
このような場合も医師に相談しましょう。

脳卒中は高齢になるとかかりやすい病気

脳卒中は高齢になるとかかりやすい病気です。
高血圧に糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病が加わると、心筋梗塞や脳卒中になるリスクが数倍から16倍ほど上がると言われています。

脳卒中は、日本人が寝たきりになる原因の第一位になっています。
寝たきりにならないためには、血圧のコントロールが非常に重要です。
また、脳卒中のサインに気づいたら、ためらわずに救急車を呼んで、できるだけ早く病院に搬送することが非常に重要です。

脳卒中の中でも一番多いのが脳梗塞です。
脳卒中の約7割を占めています。
脳梗塞のサインはFASTと呼ばれています。

FはFaceで顔で、顔左右どちらか半分が歪みます。
AはArmで腕で、前にならえをすると、左右どちらかの腕が変な方向を向いたり垂れ下がったりします。
SはSpeechで言葉で、ろれつが回らなくなったり喋りにくくなります。
そしてTはTimeで、一刻も早く病院へ運んで治療を受けましょう。

発症後4時間以内なら、点滴で薬を投与して治療できます。
8時間以内なら、カテーテルで治療できます。
時間との勝負です。

血圧の管理するには、家庭でも血圧を測定することが大切です。
自動血圧計の中には不整脈をキャッチしてくれる商品もあります。
血圧は安定していても不整脈になっていることがあるので、家庭血圧を測定することは、不整脈の早期発見にも役立ちます。

血圧は年齢と共に上昇する傾向がありますが、その上昇を少しでも少なくするためには、塩分の摂り過ぎにも気をつけましょう。
年齢を重ねるとともに味覚を感じにくくなって味が濃くなりがちです。
調理をする時は、醤油や味噌や塩などの塩分の多い物ばかりに頼らずに、塩分のないショウガやレモン、柑橘系の汁、七味唐辛子、わさび、辛子などを上手に利用すると良いでしょう。