お腹を抱える女性たち

更年期障害は漢方薬で解消できる!

薬を飲む女性

のぼせや発汗、イライラや不眠、倦怠感など、更年期障害によるさまざまな不調は、女性ホルモンの分泌量が低下することで全身のホルモンバランスが崩れ、それに伴って自律神経が乱れることによって生じます。
女性ホルモンを補うホルモン補充療法を受けることで早期に不調が解消するケースもありますが、体質によっては乳がんリスクが高まることから、出来れば避けたいと考える人も少なくありません。
そうした場合、漢方薬を服用することで、更年期障害の解消を目指すという方法があります。

更年期障害では、身体的な症状よりもイライラやうつ、不眠などの精神的な不調をつらいと感じる人も多く、そういった場合に有効とされるのが加味逍遙散です。
漢方薬の効能で多い、全身の巡りを良くして、肩こりや不眠、冷え性なども改善しながら、イライラや不安など精神面のケアにも役立ちます。
この加味逍遙散と同様、更年期ケアで代表的な漢方薬に温経湯があります。
温経湯も不眠などに効果があり、冷え性の症状が強い人に有効とされます。

漢方薬は、更年期障害のほかPMSや生理不順など、全身を流れる血液やリンパ液などの巡りの悪さから起こる不調を整えることに効果を発揮します。
巡りが悪くなることによって起こる冷え性は、さまざまな不調を助長することから、その解消が大事になってきます。
五積散や桂枝茯苓丸、温清飲、当帰芍薬散も、全身の巡りを良くすることで不調を解消する働きをします。

更年期障害に処方される漢方薬はPMSにも有効とされていますが、特に桂枝茯苓丸や当帰芍薬散は、生理不順を改善に導く漢方薬として、広く使われています。
加味逍遙散や温経湯、五積散や温清飲は、主に更年期障害に処方されることが多くなっています。
化学薬品に比べて副作用が少ないと言われている漢方薬ですが、体質によって微妙に処方が変わってきます。
同じ効能でありながら幾つか違う薬の種類があるのはそのためです。
脈診や舌診によってその体質を見極めることができる漢方医の処方を受けることが重要です。

更年期障害を解消できるサプリメントはある?

漢方薬は漢方医や漢方専門の薬剤師に体質を見極めてもらい、最も適した種類の薬を処方してもらわなくては、良い効果が得られないばかりか副作用のリスクが高まってしまいます。
更年期障害の症状がそれほど深刻ではない場合、まずはサプリメントから試してみるという方法があります。
更年期障害の解消に有効なサプリメントは、漢方薬同様、PMSにも効果を発揮する種類があります。
やはり、イライラや不眠など、精神面の不調に良いとされるものが幾つかあります。

ホルモンバランスを整え、イライラなどを抑える効果があるとされるのが、チェストツリーというハーブのサプリメントです。
チェストベリーとも呼ばれています。
不眠の場合、このチェストツリーとセントジョーンズワート、テアニンなど、精神の安定に良いとされるハーブ系サプリメントを併せて服用することで、改善を目指すことができます。
そういった有効成分がバランスよく配合されている複合タイプの製品もあります。

ピクノジェノールという、フランス海岸松樹皮エキスである水溶性フラボノイドのサプリメントも更年期障害解消に効果を発揮します。
高い抗酸化力を持っていることから、更年期障害だけではなく、PMS改善にも効果があり、アンチエイジングやアレルギーの改善にも役立つとされています。
婦人系疾患を全般的にケアする効果が認められている成分です。

近年、話題となっている成分にエクオールがあります。
大豆イソフラボンよりも更年期障害解消にダイレクトな効果を得ることができると期待されており、それが配合されているサプリメントも多く発売されています。
このほか、美容サプリとしても定番のプラセンタや漢方薬にも配合されている高麗人参が配合されているサプリメントの効果が高いとされます。
漢方薬もサプリメントも、即効性を過度に期待せず、根気よく服用を続けることが大事です。