お腹を抱える女性たち

女性ホルモンと薄毛の関係性

女性の薄毛の原因は、男性のものと違って様々です。
男性の薄毛は従来から一般的なものでしたが、近年女性の薄毛が増加する傾向があります。
これは過度のダイエットや間違ったヘアケアなどに起因していると考えられます。

女性の薄毛のうち、分娩後脱毛症は女性ホルモンに深く関係しています。
妊娠すると女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンが通常より多く分泌され妊娠状態を維持しようとします。
卵胞ホルモンは毛髪の成長にも良い影響を及ぼします。
出産後卵胞ホルモンが通常の分泌量に戻ると、毛髪は休止期に入ります。
このため一気に抜け毛が増えるという状態が起こるのです。
分娩後脱毛症は、半年から1年ほどで自然治癒するのが通例ですが、高齢出産の場合では回復が遅れることがあります。

近年増えている脱毛症に女子男性型脱毛症があります。
女性版AGA(FAGA)とも言われ、男性ホルモンの影響が強くなることで発症する脱毛です。
FAGAは、加齢や過度のダイエット、ストレス、偏った食生活などの影響で、女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの影響を受けやすくなって発症します。

男性のAGAは、血液中の男性ホルモンが頭皮にある還元酵素5aリダクターゼと結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)に代謝されることがキッカケで起こります。
DHTが毛根の男性ホルモン受容体に作用すると、強力な発毛抑止作用を持った物質を作り出します。
この物質は、ヘアサイクルのうち毛髪を健康な髪に育てる成長期の期間を短くするため、頑丈な毛髪が育つ前に抜け毛が起こり、薄毛になってしまうのです。
女性でも副腎によって男性ホルモンが生成されており、これと同じメカニズムによって脱毛が起こります。
通常は女性ホルモンの働きで男性ホルモンの影響が抑えられていますが、加齢や食生活の変化などによって男性ホルモンの影響を受けやすくなるとFAGAが起こると考えられています。
近年バリバリ働く女性などに、男性ホルモンの分泌量が多くなっているという研究結果も報告されています。

FAGAに対策のための治療薬パントガール

男性に処方される脱毛の治療薬は女性には使えないため、女性の治療は塗り薬が一般的でした。
しかし、パントガールという飲むタイプの治療薬が開発され、話題を集めています。
パントガールには、発毛に有効な栄養素である、パントテン酸カルシウムやL-シスチン、ケラチン、ビタミンB群などが配合されています。
L-シスチンやケラチンは毛髪のもとになるたんぱく質であり、パントテン酸カルシウムやビタミンB群などは、その生成をサポートする役割を果たします。
ドイツの製薬会社によって開発された治療薬で、その会社による臨床実験では90%の人に改善が認められたという結果が出ています。
20%の人では抜け毛ゼロになったという報告もあります。

パントガールは、頭髪全体が薄くなる「びまん性脱毛症」に有効だと考えられています。
日本でも多くの人が利用し、改善を実感したと言う声が上がっています。
パントガールは髪に必要な栄養素を届けるための治療薬という位置づけなので、非常に副作用が少ないというメリットがあります。
そのため長く続けるのにも安心で、安全性の高い治療薬と言うことが出来るでしょう。

女性の脱け毛の原因は様々なので、まずは自分の抜け毛の原因が何なのかを突き止めることが大事です。
長い間髪を結っている事で起きる「牽引性脱毛症」であれば、ヘアスタイルを変えてみることも大事ですし、「分娩後脱毛症」なら1年くらい様子を見ても良いでしょう。
フケや皮脂によって脱毛が起こることもあるため、頭皮の改善が有効な場合もあります。
加齢による脱毛や高齢出産後の脱毛が改善しない場合など、「びまん性脱毛症」でお悩みの場合はパントガールを試してみるのも一つの方法です。
まずは専門家に診察を受けて症状を確定してから使用することをお勧めします。