お腹を抱える女性たち

乳がんと更年期障害の関係について

女性の場合は特に乳がんにかからないように注意する必要がありますが、更年期障害の治療で行われるホルモン補充療法は乳がんのリスクを高める可能性があると言われています。
この治療法では女性ホルモンであるエストロゲンだけを補充する場合と、プロゲスチンという、プロゲステロンと同じような働きを持っている人工的な物質をエストロゲンと一緒に使用する場合の2つの方法があります。

そして、乳がんが発症するリスクがわずかながら高くなるのは、後者の場合です。
ただ、エストロゲンだけの場合は乳がんのリスクを上げないと言われていますが、この場合には子宮体がんの可能性が高まるので、注意する必要があります。

ホルモン補充療法では、飲み薬、貼り薬、塗り薬などを使用することになりますが、薬を過剰投与した場合は副作用が出る可能性があります。
この治療法での副作用として女性器の不正出血、おりものの増加、乳房の張りや痛みなどの他、頭痛や吐き気が起こることもあり、人によって様々な症状が見られます。
また、これらの薬を過剰投与した場合は、高血圧や脳卒中を引き起こしたりコレステロール値を上げる可能性があるので、使用量には十分に気をつける必要があります。
そしてホルモン補充療法では、正しい量で薬を使った場合、体が慣れてくると症状が治まる場合も多いと言われているので、そのためにも過剰投与は避けるべきでしょう。

ただ、乳房の張りや痛みは一時的なこともありますが、これを感じる場合は乳がんの可能性もあります。
そのため、特にホルモン補充療法を行っている場合は主治医に相談し、それらの症状の原因をしっかりと調べておくことが大切と言えます。
また、更年期障害が起きるような年代は、がんに注意すべき年代でもあるので、その意味でもホルモン補充療法を受ける場合は、定期的ながん検診と少しでも不安がある場合は医師に相談することをお勧めします。

ホルモン補充療法を受けられない場合とは?

ホルモン補充療法は、更年期障害対策として大きな効果が期待できる治療法ですが、これが受けられない人達もいます。
受けられない場合としては、乳がんや子宮体がんにかかっていたり、心筋梗塞にかかったことがあったり、静脈血栓塞栓症の既往があったり妊娠の可能性があるなど、いろいろな場合が挙げられます。

また、完全に受けられない訳ではないけれど、注意して慎重な投与を行うべき場合としては、卵巣がんや子宮内膜がん、子宮筋腫にかかったことがあったり、重度の高血圧や糖尿病で治療中の場合などがあります。
ホルモン補充療法は更年期障害には非常に効果的な治療法と言われていますが、このような治療を受けられなかったり注意すべきである場合はたくさんあるので、気をつけた方が良いでしょう。

以上のように、更年期障害の治療で行われるホルモン補充療法は、乳がんの発症リスクを高めたり、副作用が生じる可能性もありますが、更年期障害の症状が重いときにはこの治療法が必要になる場合があります。
そして、そんなときにはこのホルモン補充療法のことを自分でもしっかりと調べた上で、担当医に治療法の相談をしてみると良いでしょう。
乳がんの大きな原因として、エストロゲンの過剰分泌や長期間これにさらされてしまうことが挙げられるので、ホルモン補充療法を考えた場合はその点を認識することが必要です。
そして、自分の状態がその治療法が可能なものかどうかもよく考えて、病院で確認してみることをお勧めします。

以上のように、女性にとって、特にかかりやすいがんと言われる乳がんのリスクを減らすことや薬の副作用などをよく考えた上で、ホルモン補充療法を受けるかどうかを決めることが重要と言えます。