お腹を抱える女性たち

バセドウ病は更年期障害に似ているので注意

甲状腺はのどぼとけの下、気管の前辺りにあり、蝶が羽を広げるような形をした臓器で、そこから分泌される甲状腺ホルモンは、全身の細胞に作用して、その代謝率を上昇させる働きを担っています。
甲状腺機能亢進症とも言われるバセドウ病は、この甲状腺から分泌されるホルモン量が過剰分泌される「亢進」状態となることで、新陳代謝を異常なサイクルで早められてしまい、全身に影響を及ぼし、さまざまな症状を引き起こします。

バセドウ病は自己免疫疾患の一つで、発症する原因には免疫が大きく関係しています。
体内に侵入したウィルスなどを攻撃し、健康を維持するため欠かせないのが免疫機能ですが、何らかの異常で、自分自身の体を攻撃目標とする抗体を作ってしまうことがあります。
こういった種類の病気を自己免疫疾患と言い、バセドウ病も含まれています。

バセドウ病の場合、甲状腺を異常に刺激する、TSHレセプター抗体と呼ばれる抗体が自分の体内で作られることによって発症します。
自分自身の体を攻撃する抗体がどうして作られてしまうのか、遺伝的要素が絡んでいるとも言われますが、その原因は解明されていません。
この異常な抗体が、甲状腺刺激ホルモンの代わりに甲状腺を刺激することで、甲状腺ホルモンの過剰分泌を招くことになります。

バセドウ病は20代から30代の若い女性に多い病気と言われますが、更年期障害が出始める時期にバセドウ病を発症することで、正しい診断や治療が遅れてしまうケースがあります。
バセドウ病の特徴的な症状に強いイライラや、のぼせ、発汗といったものがあり、これが更年期障害特有の症状と同様であることから、婦人科系の治療のみに専念してしまうことがあります。
バセドウ病は医療機関での血液検査によって、ホルモンの数値から発症が判りますが、更年期障害と思い込んでしまうことで、医療機関そのものの受診をためらうケースも考えられます。
薬局で市販の薬を購入して服用を続けるなど、自己判断での更年期障害対策を続けることで、バセドウ病の発見そのものが遅れてしまうリスクが高まります。

バセドウ病はどうやって治す?薬?手術?

バセドウ病は早期の治療開始が肝心なだけに、更年期障害が起こる年齢であっても、自分がバセドウ病かもしれないという疑いを持つことが大事と言えます。
バセドウ病は、更年期障害の症状でもあるイライラや発汗、のぼせ、動悸や息切れなどのほか、見た目でわかる特徴的な症状があります。
それが、眼球突出です。
もともと目が大きい人の場合、わかりにくいこともありますが、イライラや発汗などと共に、鏡を見た時にさらに目が大きくなっているような気がする時は、バセドウ病の可能性があります。

眼球突出のほか、のぼせや発汗を伴う微熱が続いたり、手足に細かい震えが生じることもあります。
どれか一つでも当てはまった場合、速やかに医療機関を受診して、血液検査を受けることが重要です。
バセドウ病と診断された場合、治療方法は大きく分けて二つあります。
一つは薬物療法です。
投薬によって、血液中の甲状腺ホルモンの量を正常にコントロールして症状を抑えます。
症状が軽いうちに薬物療法を開始することで、早めの改善を目指すことができます。

薬物療法で問題となるのが、投薬量のコントロールです。
頻繁に通院して血液検査を受け、投薬する量を細かくコントロールしながら治療して行く必要があります。
このわずらわしさや、症状によっては早期の改善が見られないケースもあることから、手術によって甲状腺を摘出する治療法がとられることもあります。
手術は身体に負担がかかってしまいますが、その後の投薬コントロールが比較的容易なものとなります。
バセドウ病は、女性に多いことや発症の遺伝的要素など謎の部分が多い病気ではありますが、適切な治療で症状を抑えることができる病気でもあり、早期の診断が何よりも重要となっています。